ワキヒコ廻送店

岡山の一般貨物運送

昭和56年の創業から37年

   

山陽自動車道竜野西IC~備前ICの開通を翌年に控えた昭和56年、ワキヒコ廻送店は誕生しました。
当時の関西方面への物流は昭和50年に開通した中国自動車道吹田IC~美作ICを利用するか、トラック泣かせの鯰峠を超える2号線ルートが主流でしたが、昭和57年の竜野西IC~備前ICの開通で大幅に時間短縮が図れることとなりました。
 
当時は寒冷な気候も多く、積雪対策として竜野西IC~備前IC間はアスファルトではなく、コンクリート舗装となっています。
 
そんな高度成長期から37年、物流も大きく変わりましたが、ワキヒコ廻送店の「和を以て貴しとなす」は現在でも生きています。
荷物を送る人、荷物を受け取る人、荷物を届けるワキヒコ廻送店と三者の調和が貴いと考えております。
これからもワキヒコ廻送店をよろしくお願いいたします。
 

 - 新着情報